BLOGブログ

2020年06月12日

【プロテインの種類について】

栄養



 

〜プロテインの種類について〜


こんにちは!personal gym ZEXERの田中です。


本日はプロテインの種類についてご紹介致します!


プロテインは大きく分けてホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテイン(大豆)があります。


最も効率よく筋肉を発達させるプロテイン、それはホエイプロテインです!

 

ホエイとは乳清タンパク質のことで一般的に使用されているプロテインはホエイプロテインのものが多いです。


とある研究で10週間に渡ってトレーニングし、同時にホエイあるいはカゼインを摂取したところ、ホエイ群のほうが除脂肪体重と筋力において大きな変化がありました!


また、トレーニング前にホエイプロテインを飲むことにより、筋肉を分解するコルチゾールというストレスホルモンを減らすことができ、同時にテストステロン(男性ホルモン)のレベルが高くなった、という結果が報告されています!


なおソイプロテインではこの作用は得られなかったです。


また、高齢者を対象に135日間に渡ってホエイまたはカゼインを摂取しながらトレーニングをしてもらったところ、やはりホエイの方が高い筋力向上効果が高いです!


ホエイとカゼイン、ソイプロテインを比較した研究でも、やはりホエイが最大の筋タンパク合成効果を示しました!


ホエイプロテイン、、最強ですね、、(笑)


ホエイプロテインの中でも種類分けすることができるので本日はWPCというのをご紹介致します(^^)



■WPCWhey Protein Concentrate


ホエイプロテインにはいくつかの種類があります!その中で最も市場に多く出回っているのが、WPCWhey Protein Concentrate)です。日本語にすると「濃縮ホエイタンパク質」です。


ではWPCはどのようにして作られるのか???


⇒まずは牛乳を「カゼイン」と「カード」に分離します。カゼインは牛乳に含まれるタンパク質の一種ですが消化吸収がゆっくりとなるため、一気に血中アミノ酸レベルを高めるのには向いていません。ゆっくりと消化吸収され、持続的にアミノ酸が放出されることから、カゼインは就寝前などに摂取すると良いでしょう!


そしてカードとは、凝乳すなわちヨーグルトのことです。カードを酵素処理して水を抜いていくとチーズができますがその抜かれた水にホエイが含まれています!


よく、ヨーグルトのふたを開けると上澄み液が見えますがそれこそがホエイなんです。この上澄み液から水分を抜き、精製したものがWPCとなりWPCのタンパク含有量は、平均して100gあたり70~80gです!


トレーニング前後や起床時、置き換えの食事には消化吸収の早いホエイプロテインが良いですね!


 

次回〜〜ホエイプロテインのWPCWPIの違いとは?〜〜


personal gym ZEXER


合同会社PROUD


123-0845 東京都足立区西新井本町3-11-11-1F


tel 050-5358-4586

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

050-5358-4586